「ビス」はDIYを行う際には、モノとモノを繋ぎ合わせる役割を果たします。しかし、ビスには長さ、種類が様々あり、ホームセンターに行くと適したビスを探すのに困惑してしまいます。間違ったビスを使うと素材割れ(ビスで止めた時、木材が割れるなど)や貫通してしまう可能性もあり、せっかくのDIYを楽しむ事ができません。

そこで大工目線で適したビスの選び方を誰でも見極める事ができ、どのようにビスを止めると綺麗に繋ぎ合わせる事ができるのかという技術まで音声でご紹介します。

もう迷いたくないビス選び、ビス止めをもう失敗したくない方にオススメです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。